肝臓とサプリメントとの関係

肝臓機能の低下は、肝炎のウイルス、飲酒、栄養の過剰摂取、薬剤などが原因で起こるとされております。


解毒しなければいけないものが多すぎると、肝臓に負担がかかってしまうためです。

サプリメントは、天然成分と合成成分で作られております。

合成成分は、化学的に作られたもので、高純度、高用量で栄養素を摂れます。

しかし、これら栄養素が全て効くとは限らず、逆に、体にとって異物と捉えられる可能性が高くなります。

また、添加物が多いサプリメントも異物と捉えられやすいため、合成成分や添加物が多いサプリメントは、薬と同じように解毒しようとするため、肝臓の機能を低下させてしまう要因になる可能性もあります。

栄養を摂り過ぎた場合も、サプリメントが肝臓に悪い影響を与える可能性があります。体から排出されにくい栄養素を過剰に摂取すると、肝臓に蓄積され分解機能に負担をかけてしまうからです。

例えば、ダイエットやむくみ対策などで飲まれるメリロートの成分である「クマリン」や、お酒の前に飲む「ウコン」で肝障害が起きたという検証結果もあります。

「クマリン」は、国際基準を大きく上回る配合量のため、1日の目安量を飲んだだけでも過剰になってしまったものです。

「ウコン」は、肝機能障害を持った人が摂取したため、鉄分の分解が進まず、肝臓に蓄積して起こったものです。

このように、サプリメントに配合されている成分量が、多ければ多いほど良いというものではありません。

また、元々、なんらかの持病を抱えている人は、製品に表記されている成分と配合量をよく見て、持病に影響がないかを確認してから飲むようにしましょう。

添加物や合成成分、過剰摂取に注意すれば、肝臓に悪影響は出にくいと言えます。

これを怠ると、いくら医師が処方する薬や国が認めた特定保健用食品と言えども、持病や体質などから肝障害を起こす事もありうるのです。

肝臓に心配がある場合は、サプリメントを正しく活用して、肝臓を健康に保つことは可能なのです。


肝臓サプリで肝機能改善

コメントを残す